ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 時宗丸。 | main | 紹介 >>
2011.11.26 Saturday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.06.20 Monday

お久しぶりです

前回の記事から2ヶ月がたちました。
間が空くのはいつものことですが、前回が前回だっただけに、色々とご心配をおかけしまったかもしれません。すみませんでした。

なにから書こうかな、とか、どう書こうかな、とか思ってて、気がつくと2ヶ月でした。
まずご報告させていただきます。

ミツユビハコガメの時宗丸ですが、日記を書いた翌日、残念ながら息を引き取りました。

翌日に、言われていたとおり午前中病院に連れて行きました。
前日注射したほうとは別の足の付け根に注射。
すごく痛かったのでしょう、時宗はおしっこを漏らしてしまいました。
そして、それが私が見た時宗の最期でした。
1時間後帰宅して、容器から時宗を出すと動かなくなってしまっていました。

直接の原因はおそらく注射だったのでは、と思います。ショック死かなにかだったのでしょう。
注射された足は完全に硬直していました。ぎゅうっと縮こまったまま。
他の首も足もふにゃんとしており、1本の足だけがかちこちでした。
もしかして寝ているのかも…と、淡い淡い希望を持っていたのですが、別の用事を済ませて夜家に帰ってきても時宗が動くことはありませんでした。

たとえ注射が原因だったとしても、元をただせば世話を上手に出来ずに肺炎にさせてしまった私がすべての元凶です。飼い主失格でした。
病院を責めることは出来ませんし、本当によくして頂いたと思います。
ただ打ち所が悪かったのか、もしくは食べることのなかった時宗の体力の限界だったのか。
色々な原因がかさなっての結果だったのだと思います。

もっと早くに気づいていれば、もっと温度管理をきちんとしていれば、もっともっと。
思うことはたくさんあります。時宗にも謝っても謝りきれません。
私のところに来なければ、そう思うこともありました。
2ヶ月経って、ようやく記事にすることが出来たのですが、今、この記事を書いていて思い出すだけで悔しくて、やるせなさでいっぱいになります。

過去の記事を見るだけで悲しくて、それでも今は少しましになってきたと思います。
書くことで気持ちの整理ができたのかもしれません。
ブログを見たくなくて引き伸ばし、ご報告が遅れてしまって、すみませんでした。

時宗を今まで可愛がって頂いたみなさん、ありがとうございました。
時宗、ありがとう。
飼育の難しさ、それを乗り越えたときの喜び、たくさん教えてくれてありがとう。
私は時宗に会えてよかったと思っています。本当にありがとう。
そして不甲斐ない飼い主でごめんなさい。











 こんな不甲斐ない飼い主ですが、梵は元気いっぱい育ってくれています。本当に嬉しいです。
今も後ろでじたばたうるさいくらいです笑

この2ヶ月、時宗のいない水槽の下段でもぞもぞとうごく梵の姿に元気を貰いました。
カメ飼育は、いや生き物の飼育は本当に難しいです。
でもやっぱりカメが好きで。愛くるしい姿は見ているだけで癒されます。

時宗が死んで、もうカメは梵天丸だけにしよう。この子は最期まで幸せにさせようと思いました。
でも、こうやって記事にして、気持ちの整理がつくと、またカメが飼えたらいいなあと思えるようになってきました。
またいつか、アメハコを飼えたらいいなあと思います。
今度は、幸せになってもらえるように。













この2ヶ月で、もうひとつご報告することができました。

ちらっ

























































この子のおかげで、立ち直れたと言っても過言じゃないかもしれません。
紹介はまた次回。




2011.11.26 Saturday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR